運動の効果(骨が丈夫に)

①骨が丈夫になる

運動をすると、骨に力が加わります。

この力が骨を作の細胞の働きを活発にして

骨を丈夫にします。

つまり、骨粗鬆症の予防効果、介護予防効果があります。

 

②関節や筋肉が柔らかくなる

運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります。

これは、体を動かすことで、骨をつなげているものや

筋肉を包んでいるものが引き伸ばされて、固くなるのを

防ぐからです。

人の身体は動かしていないとだんだん固くなるように

できています。

以上のことも運動する効果としてあげれてているので

分かった上で行うことをお勧めします。

こまつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)