運動前のウォーミングアップ

久しぶりにスポーツをして・・・程よく筋肉痛peek
運動前にケガの予防としてウォーミングアップ(体操)をするのは誰もが知っているものですが、

 

ポイントがずれてしまうと、せっかくケガの予防に行う体操も、効果が低くなってしまいます。

☆筋肉を温めましょう。

ここでのポイントは気温に注意すること。寒い時期では当然筋肉も温まりが遅いので、十分な時間を取って筋肉を温めることが大切です。筋肉が温まっていない状態ではケガしやすいです。(機械の試運転みたいなものですね)

 

☆アクティブなアップをしましょう。

運動後のクールダウンはより静的なストレッチをしてリラックスをメインとするのに対し、これから筋肉を活発に動かす準備をするものですから、動きのある体操をして筋肉を慣れさせることが大切です。よく運動後のストレッチと同じものをやりがちですが、工夫が必要ですね。

 

☆スポーツの特性にあったアップをしましょう

脚をよく動かすスポーツなのに、腕に対するアップをしてはポイントずれすぎです。

サッカーならば脚回り。バレーボールなら肩を重点的に。さらに同じスポーツでもバレーボールのポジションのように、より使う身体の部位が違うなら、動きの多い身体の部位を重点的にアップすることが大切です。

もちろんスポーツは全身を使うものですから、全身のアップも忘れずに!

 

昨日のスポーツもウォーミングアップがマンネリ化してたので、ちょっと工夫してみたら、割と好評でした~
 

スポーツにも特化しているこまつ整骨院ですので、運動時何か疑問に思ったことなどもお気軽にお尋ねください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)