関節のしくみ

骨と骨の連結部を関節といいます。

動かない関節もありますが、

一般に関節と言えば、骨が動く

可動関節を指します。

 

<可動関節の基本構造>

関節面は必ず関節軟骨で覆われ、

骨同士の間には関節腔という隙間があります。

関節は関節包という2重の膜に包まれています。

内側の膜を滑膜といい、滑膜は関節液(滑液)を作って

関節腔にだしています。

この関節液(滑液)が大事で、血管のない軟骨に栄養を与え、

関節の動きを滑らかしてくれます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます
なので滑液を出す滑膜は、関節の命を保っている

ともいえる重要な膜になります。

滑膜から、関節液は排出、吸収され

関節内は常に新しい、関節液に満たされる

ようになります。

 

 

こまつ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)