高血圧の予防と改善

高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。

高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、

柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。

高血圧の予防で食生活の改善が必要で効果的なようです。

食生活の中でも、まず見直したいのが塩分の摂取量です。

塩分を控える工夫として

・揚げ物や焼肉などは、しょうゆやソースでなく、レモンやユズ、こしょう、ごまで食べる。

・天然だし(昆布、シイタケなど)をしっかりとり、しょうゆや塩を減らす。

・ラーメンやそば、うどんの汁は半分くらい残す。

・寿司につけるしょうゆの量は少しにする。

・薄味に少しずつ慣れるようにする。

などがいいかと思います。

その他に血圧を調節する成分に、カリウム、マグネシウム、

カルシウムなどのミネラルがあります。

カリウムには、腎臓から余分な塩分(ナトリウム)を排出する働きがあります。

マグネシウムは、その働きを助けます。

カリウムは野菜や果物、海藻類、豆類などに多く含まれています。

また、マグネシウムは、海藻やナッツ類、豆類などに含まれています。

ただし、血糖値が高い人は果糖の多い果物は控えめにしてください。

肉類や甘味類などの高脂肪・高コレステロール食を控え、

野菜や果物、ナッツ類、豆類、魚類、低脂肪乳製品、

穀類(全粒粉のパン)などを中心とした複合食が、

血圧を下げる効果があるとしています。

食べすぎ・飲みすぎを見直し、肥満(内臓脂肪型肥満)を解消することが大切です。

一般的に体重を4~5kg落とすと、血圧を低下させる効果がみられます。

また、間食や夜食(夜遅く食べる、寝る前に食べる)の習慣も、肥満につながり、

血圧を上げる結果になりがちです。

血圧は家庭でも調べることができるし、スーパーでも

血圧計がおいてあるところもあるので血圧が高いと思ったときは

食生活の改善をして予防を心がけてください。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

阪急王子公園前駅から南に徒歩10分

こまつ整骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)