黄砂とPM2.5の来襲

昨日5月7日は、北海道から九州まで

広い範囲で黄砂を観測したようですが、

気象庁の予想では、8日も西日本を中心に

黄砂が予想され、視程が5キロメートルとなって

交通機関にもの影響が出るかもしれない

とのことです。

問題は黄砂だけでなく汚染物質も

飛来することにあります。

PM2.5は粒子の大きさが非常に小さいため、

肺の奥深くにまで入り込みやすく、

ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や

循環器系疾患などのリスクを上昇させる

と考えられます。

特に呼吸器系や循環器系の病気をもつ人、

お年寄りや子どもなどは影響を受けやすい

と考えられるので、注意が必要です。

 

対策として

マスクを着用する。

長時間の外での運動は控える。

室内では窓の開閉を控える

などの対策必要かと考えられます。

マスクも性能はそれぞれ違うので

吸塵防止効果の高いものがいいようです。

 

気を付けようがないといえばないですが、

ちょっと気を付けて防げるなら防げる対策

をしたほうがいいかと思います。

 

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)