117

阪神淡路大震災から明日で21年となります。

当時私は京都に住んでいて前日が休日でスキーに

いって帰ってきて熟睡しているところでした。

明け方すごい縦揺れを感じびっくりして起き上がりました。

タンスの上のものが少し落ちてきたくらいでそれほど

被害もなく、すぐにテレビをつけましたが被害状況までは

分からず地震が発生しましたというテロップくらいでした。

普段通り通勤して仕事をしていたのですが、神戸方面の

社員がきてなく、被害ひどかったのかなと思うくらいでした。

実際被害状況が分かったのは夜家に帰ってテレビを付けたときで

ニュースを見てびっくりしました。

実際地震があっても被害の無い所にいるとその大変な状況を認識する

ことができず、震災後も普通に生活していました。

今でこそ被災後の援助の大切さを認識することができますが

その当時は知り合い安否を気遣う程度でした。

天災にしろ事故にしろ命が無常に奪われるのはどれだけ

辛いことなのだろうかと思います。

辛いことは忘れたいでも、忘れてはいけない日を

明日迎えるので冥福を祈りながら明日を迎えようかと

思います。

こまつ

 

JR灘駅から南に徒歩2分

阪神岩屋駅から北西に徒歩3分

こまつ整骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)