IT眼症

目の疲れや痛みを訴える小中学生らが増えているようで

大半がスマホや携帯ゲーム機などの長時間使用による

IT眼症といいます。

 IT眼症とは、至近距離でIT機器の明るい液晶画面を

長時間凝視することで、目の疲れや頭痛、首や肩のこり、

不眠などの症状が出ることで、

イライラなど心身のストレスを抱えることもあります。

対策としては長時間みないようにする。

暗い所で寝ながらみることはさけ、

画面とに位置も話すようにして、

明るさも暗めに設定するなど

できるところから改善してください。

肩こりの症状のきつい方ほどパソコンや

スマホの利用頻度は多く感じますので、

是非改善していってください。

こまつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)